Homeページに戻る

薬用植物青空研修会

【観てみよう薬用植物】 植物園においてフィールド学習を行います。

園内で生きたすがたの漢方生薬・民間生薬となる薬用植物に接し、植物のかたち、香りを体感しつつ、個々の生薬のはたらき、漢方薬方剤内での作用などの理解を深めます。 今後の漢方知識のレベルアップにぜひお役立てください。

2019(令和元)年度 薬草園青空研修会が開催されました!
2019年9月15日(日) 於:東京都薬用植物園
今年度は東京都薬用植物園(小平市)を会場に、季節を変えて9月に実施。
7月の【漢方薬局製剤実習講座】と関連して牛車腎気丸・八味地黄丸をテーマに据え、構成生薬の基原となる薬用植物の新鮮な地下部を観察する機会を設け、総勢およそ100名の参加者の学習・研鑽に資することができました。

<午前:地下部観察会と講演>
地下部観察会風景 アカヤジオウ
(ジオウの基原植物)
ハナトリカブト
(ブシの基原植物)
ボタン【薬用種】
(ボタンピの基原植物)
ヒナタイノコヅチ
(ゴシツの基原植物)
講演「八味丸面白ゼミナール」
東京都薬用植物園統括管理責任者
山上 勉先生
 
<午後:園内観察会>
   
 

集合写真
集合写真(クリックで拡大)
精細にプリントした字幕入り記念写真もご用意できます。
ご希望の方は、事務局にお問い合わせください。(1枚250円・税込)

>> 昨年の模様&これ以前の記事を見る